まるちペインター/なんばゆきの人生ストーリー

フリーランス

なんば ゆきプロフィール

0歳 中国生まれ

8歳 名古屋に移住

18歳 京都精華大学日本画コース入学

21歳 卒業後名古屋へ

23歳 最愛のhusbandと出会い、翌年結婚

——————————————————

活力をくれた場所〈北九州〉

2015年 husbandの転勤で北九州へ

2016年 アパレル販売員を辞職

【まるちペインター】として活動開始

4年間セレクトショップ系アパレル販売員として働きながら、個展・グループ展・マルシェなど時間あるときは制作活動を継続していた。

——————————————————

再び、地元〈名古屋〉に

2017年 10月 名古屋に

2018年 TOLAND・minnanokaishaに出会う

2018年 5月よりフェイクタトゥーサロン〈JAGUABASE〉にてボディーアートの一種である〈ジャグアタトゥー〉をまるちペインターの活動の一つとして開始

今は制作活動をしながら、主婦をしながら、最愛のhusbandと愛犬と自由気ままに穏やかに過ごしています^^*
 
 
 
▼YouTube【VLOGチャンネル】なんばちゃん

 
 
 

2017年までの人生ストーリー

夢を叶えるための選択しは一つじゃない(記事)


 
小学生にイジメを経験。その頃は一人で絵を描くことがとにかく楽しかった。アートの道で生きていこうと京都精華大学へ進学するも、絵を否定され続け自己表現ができなくなる。その後、最愛の旦那さんと出会い、自分のことを見つめ直し、マルチな絵描き「まるちペインター」となるまでのストーリー。
 
 
▼このストーリーページ
『まるちペインター』なんばゆきの誕生秘話
 
絵:なんばゆき
編集:水樹ハル
 
 
 

絵に出会ったのは、苦境のなかだった。(記事)


 
中国から日本にやってきて、言葉が通じない小学校での集団生活に馴染めず、いじめにあった。
 
両親は生活のために必死に働いていて、会えるのは朝の少しの時間だけ。
寂しくてたまらなかった。
 
独りでいても時間を忘れられる。それが『絵を描く』事だった。
 
▼このストーリーページ
絵に出会ったのは、苦境のなかだった。
 
絵:なんばゆき
 
 
 

2018年の人生ストーリー

失敗の数だけ伸びしろがある。(動画/記事)


 
20代最後の挑戦として「イラスト作品集」を制作するため、クラウドファンディングに挑戦。100人を超える支援者を得て達成した。地元名古屋だけでなく、関西にも仲間ができ、自己表現の幅が広がり、さらに自信を積み上げていく。
 
2018年10月のある日、恩師もいない中、絵と向き合っていた母校を訪れた。
 
そこで今彼女が思うこととは?今後の目標は?
 
 
▼このストーリーページ
 
連載その1
 
連載その2
 
連載その3
 
連載その4・最終話
 
 
 

なんばゆきOnline Shop

なんばちゃんの部屋