ぼくは大人になりたくなかった会社員/山口 嘉竜の人生ストーリー

会社員

Q:世の中の大人でワクワク働いている人と出会えたことがないのでポジティブなイメージが湧きません。
ワクワク働いている会社員の人生ストーリーを知りたいです。
 
 
 
***
 
多くの会社員が土日を楽しみに働き、「楽しく働くなんて無理」と思っている時代。
でも、本当はみんなワクワク働きたいと思っているのではないでしょうか。
 
 

山口 嘉竜、30歳。
彼も過去、1人で悶々と悩んでいた会社員でした。
 
しかし今は会社員としてワクワク働いています。
どのようにして、自分を変えることができたのでしょうか?
その人生ストーリーに迫ってみます。
 
 
 

子どもの頃から「仕事=面白くないもの」と思っていた


▼山口
今でこそ会社でワクワク働けているんですけど、子どもの頃から「仕事=大変なもので面白くない」って思ってました。
 
 
小学校1年生くらいだったかな…。
父が毎日疲れた顔で仕事から帰ってくるんですね。
 
 
▼山口
疲れ、ストレスが溜まっていることが子どもながらにわかりました。
だから、「大人にとって平日の仕事はしんどいものなんだ」ってすごく思ってました。
母も「お父さんは仕事でがんばっていてえらいんだよ」って言ってたこともあります。
 
 
あと、家族ぐるみで付き合いをしている大人たちが「明日からまた仕事やなー、嫌やなー!」って言っているのを聞いて、「仕事ってしんどいものなんだ。大人って大変なんだ。」っていうイメージが固定していったんです。
 
だから、「大人になりたくないなー。仕事したくないなー」って思ってました。
 
 
 
Q:学生時代に職場で働く大人の姿を直に見たことはありましたか?
 
▼山口
14歳の時に職業体験があって、ある大手電機メーカーの見学をした時に、社員さんが炊飯器の品質検査をされてたんですね。
 
1日8時間、一言もしゃべらずに同じボタンを押し続ける作業をやる。自分が経験して、めっちゃ大変で、「ゾッ」としました。。
それで、勉強したり自分でよく考えて行動しないと、機械的な作業しかできなくなってしまうって思いました。危機感を感じました。
 
それまでは1学年150人中100位以上の成績だったんですけど、中学3年生の夏休みから1日12時間くらい勉強して学年のトップ20に入れるくらいになって、住んでいた市で1番の進学校に通うことになりました。でも合格者320人中316位とかギリギリで高校に入ったんで最初は勉強についていくのが大変でしたけど。
 
高校からアメフトを始めてそこで自分の存在意義を感じたし、自信もついていきました。
 
 
 

イジメたらイジメられ、仲間が大切だと痛感


 
Q:アメフトをやってたんですね。どういうところがおもしろかったですか?
 
▼山口
仕事でも同じことなんですけど、「適材適所」ってすごく大事だと思うんですよ。
アメフトではルール上、いろんなポジションがあって、ぼくは「ラインのセンター」を担当してました。
 
縁の下の力持ちっていうか、突撃してくる相手を止めたり、ボールを持って走るチームメイトの進路をこじあけたり、自分でゴールを決めたりするポジションではないものの、「打倒相手チーム」となって1つになれるところがすごくおもしろかったですね。
 
「仲間」って大事だなって本当に思います。
 

 
 
▼山口
でも…ちょっとカミングアウトするんですけど、ぼく中学校の頃はいじめっ子だったんですよ。
 
 
Q:イジメられる側ではなく?イジメてたんですか?
 
▼山口
はい。
 
その当時にイジメてた子には本当に申し訳ないと思っているし、自分は最悪なやつだったなと思うんですけど、イジメてました。
当時は運動も勉強もそんなに突き抜けてるわけでもないし、自分に自信がなかったんですね。でもみんなの輪の中心でいたかった。
 
 
 

 
▼山口
小学校から空手をやってたこともあって、当時は腕力だけしか誇れるものがなくて。
認めてもらって、何とか輪の中心にいようとしてたというか。
 
でも、イジメてた子たちが結託してイジメ返されたんですよ。
机をカッターナイフで切り刻まれたり、上履きがなくなったり。
あと、夏休みの宿題を出したのにぼくのだけ紛失したり。
 
先生からも「山口はイジメっ子で悪いやつ」っていう先入観を持たれてたので、助けてもらえず。(笑)
 
 
 
Q:なるほど。その経験から友達って大事だなと痛感したんですか?
 
▼山口
そうですね。痛い目を見た分、心の底から仲間の大切さに気付きましたし、これからは本当の仲間を作りたいなって、いじめがきっかけで思いました。僕が仲間にこだわっている原体験です。
 
 
高校3年の時には、アメフトで自信もついたし、勉強についても「高校受験もできたしやればできる」って思えるようになって。
それから成績も上がっていって第一志望の大学に合格できました。
 
 
 

35kgのダイエット成功で自信を取り戻した


 
Q:大学でもアメフトは続けたんですか?
 
▼山口
それが、ヘルニアでドクターストップになって断念しました。
高校3年生の時の最後の試合で、プレイ中に激痛がはしったんですね。そこで退場したらよかったんですけど、無理してしまって。
 
当時は少し誇れたのがアメフト。それができなくなって自信がなくなったのに加えて、残ったのは102kgのデブの自分。
大学1回生で、周りのみんなは彼女ができる中で、僕は全くモテない。笑
それでさらに自信もなくなりました。
 
 

 
▼山口
でも、それから人生を変えると決意して、6ヶ月で35kg痩せることができたときに、自信を取り戻したんです。
同時に「人生で無理なことってないんだ」って本気で思いました。
 
 
 
Q:どうやって痩せたんですか?
 
▼山口
やったのは次の3つです。
 
・1日10キロ走る
・毎日ビリーズブートキャンプをする
・1日の摂取カロリーを1500キロカロリーに抑える
 
ダイエットに成功してからは彼女もできるようになったし、見た目のコンプレックスも克服したから、堂々と振舞えるようになりました。
後は、臆することがなくなったので、色んなバイトをしたり、サークルも5つに所属するようになりました。外見もさることながら、内面が一番変化したと思います。
 
 

 
▼山口
大学4年生の時に「うらじゃ」というお祭りの踊り連を仲間と立ち上げて、みんなで「0から1」を作り上げていくのがめっちゃ楽しかったんですよ。振り付けから、衣装とか楽曲とかもみんな自分たちで考えて、1つの演舞を創るんです。
 
仲間と一緒に1つの目標に向かって、一致団結して頑張る過程とか。
大勢の同志と0→1の価値を創って、誰かの心を動かす喜びを味わいました。
高校のアメフト、文化祭。大学のうらじゃ、「仲間と一緒に0→1の価値を創ることが好きなんだなぁ」って、感じました。
 

 
 
 

誰よりも就職の準備をした。だけど現実は…


Q:就活はうまくいきましたか?
 
▼山口
電気電子系の専攻だったんで大学院に進学することを決めていたんですけど、大学3年生から企業のインターンシップとかに参加してました。
 
大学院での就活なんか、めちゃくちゃ力を入れて、色んな分野の企業を視野に入れて、悔いのないぐらいやり切りました。
当時は親や周囲の影響から、大手有名企業しか受けていませんでした。
面接に進んだ企業には全部受かり、第一志望の企業に内定ももらいました。
 
これだけ頑張れたのは、子どもの頃から感じていた「働くのは楽しくないもの」っていう未来を変えたかったんです。
見ず知らずの研究室の先輩を訪問して、企業のことを聞いて回ったり、情報を集めたりしました。
それでも正直、「早く卒業して入社したい!」と思える仕事は見つかりませんでしたが。。。
 
 
 
Q:入社して社会人になってみてどうでしたか?
 
▼山口
第一志望の会社に入ったものの、正直、土日を楽しみに働く現実でした。ワクワク働くなんかほど遠く・・・。
働く中で、同期がうつ病になったり、ある大企業に就職した大学の時の友人がつぶされたりしているのを見ていくんですよね。
 
私も、入社当時から希望している部署があって、そこにいくまでは何があっても我慢しようと決めていたので、がむしゃらに頑張りました。。。
 
入社4年目の時に念願だった希望の部署に最短で配属されたものの、待っていた現実に絶望しました。
「やっぱり、ワクワク働くなんて無理なんだ。これがサラリーマンか」って感じで。
 
これからの人生が一気に闇に閉ざされた感じで、お先真っ暗に感じて。
 
 
「俺の人生ずっとこんな感じでいくんかな」って思ったり、
何度か「このまま電車に飛び込んだ方がラクなんかな・・・」って思ったりするほど病んでしまったんですよね。。
 
 
このままじゃヤバいって思って、いろんな異業種交流会に参加するんですけど、ネットワークビジネスの誘いのために参加している人としか出会えなかったり、著名人のビジネス書を読んで奮起するも、明日から僕ができる方法は結局分からずじまいだったり。
 
 
 

 
▼山口
毎日、闇の中をさまよっているときに、大西タケシさんという人に出会って。タケさんは元会社員から起業をした人で、すごく人生を謳歌していて。
 
「こんな人生や生き方もあるんや!」ってぼくの身近なロールモデルになりました。
いい意味で、「自分にもできるかも!」って初めて思えて、ようやく1歩を踏み出す決意が出来ました。
 
 
 

会社の外での出会いと活動で世界が広がった


 
Q:それから会社外での活動を始めるんですね。
 
▼山口
そうです。まず家族や信頼できる友達30人くらいに「俺って何が向いてるかな?」って聞いたら、「ぐっさん相談乗るの向いてるよね」って言ってもらったんで、「人生ワクワクコーチ」っていう肩書きで「なんでも相談うけます」っていう活動を始めたんですけど、問い合わせゼロで、ダダ滑りしたんですよ(笑)
 
「〇〇の専門家」っていう打ち出し方とか集客とかも含めて全然ビジネス経験がなかったんで。
 
その後「ファーストペンギン大学」っていうところに入って、ビジネスノウハウや相談できる仲間が見つかったんですね。
 
それで自分の過去のダイエット経験を生かしてボディーメイク(パーソナルトレーナー)として2018年の3月から活動するようになってからオファーいただいたり結果を出すこともできたことで、稼ぐ経験以上に自信を得ることができました。
 
「あぁ、俺ってまだまだやれることがあるんだなぁ」と。社内や身内では当たり前のことも、社外の人からすればすごくすごく必要とされるスキルを持ってるんだなと初めて知りました。
そこから、本業に対するマインドまで変わりました。
 
 
 
Q:会社外からの評価を得られたんですね。
 
▼山口
はい。でも、1人でやっていてもおもしろくなかったんで最終的にはボディーメイクコーチはやめました。
「仲間と何かやりたいな」と思っていた際に、大学時代のうらじゃの友人が岡山の銭湯を復興しようとクラウドファンディングに挑戦しようとしている話しを聞いたんですね。参画してめっちゃ頑張りました。
 

 
▼山口
結果は200万円/1000万円と、目標金額の達成はできなかったものの、そのメンバーと一緒に一般社団法人「コミュニティーラポール」を立ち上げました
 
 
 
▼山口
第二の故郷である岡山で、大学生に内定をゴールにしない就活支援や、地元の隠れた優良企業と学生をつなぐサービスや、岡山を盛り上げるイベントの開催など、まさにワクワクしながら活動しています。
 

 
Q:会社員でありながら社外活動もできていくんですね。なぜ内定をゴールにしない就活支援をやろうと思ったんですか?
 
▼山口
後々、感じたんですけど、岡山から大阪にやってきてからおもしろい企業がいっぱいあることを知ったんですけど、岡山にいた時にそんな情報を得ることができなかったんですよ。企業にすでに就職している先輩からの情報をたどる形が標準的なので、発信が上手じゃない企業のことはなかなかわからないんです。
 
社外の活動を通じて、新しい知識や人脈も得られたし、それを会社内で発揮できるようにもなって毎日が楽しくなったんです。
 
 
 

今後の夢・目標


▼山口
 
ぼくはこれまでの人生経験の中で、仲間がいるからこそ挑戦できたり自信が持てると思ってます。
 
過去のぼくもワクワク働けなかったけど、社外活動によって入社7年目の今、そういうコミュニティがあれば世の中の会社員がもっとワクワク働けるようになると思っています。
 
必要なのは、身近な成功のロールモデルと応援し合える仲間だと思っていて。
 
そういった思いから「WakWork」を立ち上げました。
 
 
▼キックオフイベントに密着▼

 
 

 

写真:WakWork共同主催の池山拓弥さん
 
 

写真:人脈やアイデアをつなぎ、メンバーのやりたいことを徹底応援
 
 
▼山口
みんなの特技・能力を適材適所で発揮できる場所にしたいんです。
 
自分では自分の強みってなかなかわからないんですけど、仲間と関わるうちに「それすごいじゃん」って気づくこともできるし、一歩を踏み出してもらいたい。
 
 
・活躍して他者から承認される
・気軽に挑戦できる機会
 
があれば、ワクワク働けると思ってるんですね。
 
このWakWorkでの経験を会社内に取り入れていってもらって、ワクワク働いてもらいたいので、そういう仲間を探しています!
 
興味がある人は、気軽に連絡ください!
 
 

山口嘉竜 プロフィール

1992年生まれ、岡山県出身。
学生時代のアメフトやよさこい祭りなど、チームで1つのことに向かう経験から「仲間」や「適材適所」というキーワードを大事にする価値観を持つ。
会社員となった後、自身のあり方に悩むが、ある身近なロールモデルの存在から希望を見出し、紆余曲折の末、ワクワク働く会社員となる。現在は、大阪でワクワク働く会社員を増やすため、「WakWork」というプロジェクトで活動中!
 
 
 

WakWork HP

WakWork